topimage

2017-06

クロスとローズ病院へ - 2012.05.30 Wed

昨夜クロスが突然何回も吐いた。
その後何回も下痢ピー。
今朝はご飯をまったく食べようとしなかった。
今まで下痢をしたことはあっても、食欲がなくなったことは一度もない。
病院行き決定。
ついでにローズのフィラリア検査もしてもらいに連れて行った。

クロスは腸の動きが悪くなってるみたい。
消化の悪い物を食べたとか、何か原因があるはずだけど思い当たるものがない。
注射を打ってもらって薬をもらって様子見。

ローズは何年か前から脾臓にポチっと何かあるので変化がないかどうかエコーで診てもらう。
昨年は悪いものではなさそうと言われたんだけど、今年は変化していてたぶん悪いものだろうとのこと。
脾臓摘出を勧められた。
でも、腎臓の働きが悪くなっているので様子を見ることにした。
1ヶ月様子を見て急激に大きくなるようだったら取りましょうということになった。

う~ん、もうすぐ12歳になるのに手術・・・
どうしたらいいのか悩んでしまう。

余談だけど、パピーズはゲロする音に異常に反応するのでうるさいうるさい。
というのも、アンジーがちょっと前からご飯を食べちゃーパピー部屋に行ってゲロするのだ。
で、それにパピーズが群がる。
本能がさせることなんだろうけど、困るんだよね、臭くて^^;
そんなことしてたらアンジーが痩せ細っちゃうし。
パピーズにはちゃんと食べさせてるんだから、アンジーが食べさせなくてもいいのに。
最近はアンジーにご飯を食べさせる前にパピー部屋に入れないようにしておく。
そうするとアンジーもあきらめる。
母性本能ってすごいね。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

● COMMENT ●

クロス君、心配ですね。昨年のリクの急性膵炎も下痢と嘔吐から始まったので。
注射と薬で治まればいいですね。

☆リクははさん

ご心配ありがとう!
薬が効いたのか、今日はもう吐き気もないし食欲が出ました(^^)
ウンPはまだちょっと緩いけど、回数は普通になったのでもう大丈夫だと思います。
そうだったね、急性膵炎も下痢と嘔吐で始まったんだったね。
下痢と嘔吐ってあなどれないね。

大丈夫そうでよかったです。
我が家も下痢から病気に繋がったので
もの凄く怖いです。

そっかパピちゃんたちは
ゲロゲ〜に反応、、でも、母の愛ですね、、
とはいえ、臭いに絶えるベルママさんも
母の愛、、がんばってくださいね、、fc

☆FCさん

ご心配ありがとうございます。
クロスはもうすっかり大丈夫です(^^)v
そうでしたか、下痢から病気に繋がったんですね。
下痢は本当に侮れないですね。

ゲロゲロ音に反応するパピー達って変ですよね(^▽^;)
まぁ、元々パピー部屋はくちゃいですから臭いはへーきです。
私の鼻は鈍感ですし~。
鈍感なのに臭いと感じるパピー部屋は相当なもんですけど^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://innocentbell.blog46.fc2.com/tb.php/1226-5abbb171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日も元気に外遊び «  | BLOG TOP |  » 友達が撮ったパピーズ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

BELLママ

Author:BELLママ
私にとっての初めてのフラットのベルは、フラットの素晴らしさを教えてくれたとても大切な子。
そのベルは天国に行ってしまい、次いでジェシーも天国に。
今はクロス、ローズ、ココア、アンジェラ、ジーク、ディア、フレイヤの7頭のフラットと暮らしています。


■□■メインサイト■□■
INNOCENT BELL

■□■以前の日記■□■
BELLママ日記

■□■SiegのBlog■□■
Sieg growth Diary

■□■BBS■□■
INNOCENT BELL BBS

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Twitter

Twitter ブログパーツ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめサイト



NPO法人 (特定非営利活動法人)  日本動物遺伝病ネットワークのHP


FCRSJ(フラットコーテッドレトリーバーソサエティオブジャパン)のHP


フラットのレスキューのHP

ファミリーブログリンク

ブログリンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード