FC2ブログ
topimage

2009-06

ビーちゃん、ありがとう - 2009.06.27 Sat

我が家の最長老の猫のビーちゃんが、今日天国へと旅立った。
今月17歳になって、最近弱ってきたな~と感じていた。
そう感じたのは4~5日前からで、それまではずっと変わりなかった。
大往生だね、長生きしてくれてありがとう。

071201bi.jpg
15歳の時のビーちゃん。

ビーちゃんは我が家で生まれた子。
母親はチンチラのユキで、父親はヒマラヤンのミーヤン。
ミーヤンは結婚してすぐにペットショップで買った子。
ユキちゃんはブリーダーがもういらないからと貰い手を探していて、3歳の時にもらった子。
何の知識もなかったので、やってはいけない事をしてしまったと今では後悔してるけど、ミーヤンとユキの子供は年に1回生まれた。
全員みごとにチンチラ柄で、欲しがる人はたくさんいたので4回位はお産したかな。
ビーちゃんは最後の子で、産まれてすぐに障害を負ってしまった。
他の子の臍の緒が足の先に絡まってしまい、壊死してしまったのだ。
なので右足の先っぽがない。
でもそんなに不自由はしてなかったと思う。
他の子と同じように走れたし、高いところにも上れた。
ただ首が痒い時に空中を掻いてたから、それだけはかわいそうだったな。

ミーヤンはビーちゃんが生まれるちょっと前に事故で他界してしまい、ユキもその後すぐの7歳の時に事故に遭って脊椎を痛め、下半身不随になってしまった。
その頃は田舎に住んでいて、猫は自由に外に出ていた。
15年前に今の家に引っ越してきてからは、外に出さないようにしたけど。
ユキは体が軽いので、下半身を引きずりながら上半身だけで家の中をどこでも自由に動き回って暮らし、15歳で他界した。

他にもユキとミーヤンの最初の子供のモコという子と、劣悪状況から保護されて里親になったペルシャのゲンという子がいて、我が家の猫は昔は長毛種ばかりだった。
ビーちゃんは我が家では最後の長毛種の猫。
もうこの先は猫を飼う事はあったとしても、長毛種の子を飼う気はない。

今いる他の3匹の猫はみんな仔猫の時に捨てられていた子たち。
リリは14歳、ジュリは13歳、キキは12歳。
みんな年寄りだけど元気で病気なんかしない。
ビーちゃんも病気したことは1回もなかったね。
ビーちゃん、長いあいだ本当にありがとう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BELLママ

Author:BELLママ
フラットコーテッドレトリーバーのブリーダーのBELLママのブログです。

■□■メインサイト■□■
INNOCENT BELL KENNEL

■□■SiegのBlog■□■
Sieg growth Diary


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめサイト



NPO法人 (特定非営利活動法人)  日本動物遺伝病ネットワークのHP


FCRSJ(フラットコーテッドレトリーバーソサエティオブジャパン)のHP


フラットのレスキューのHP

ファミリーブログリンク

ブログリンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード