FC2ブログ
topimage

2008-11

読書の秋 - 2008.11.08 Sat

ジークが来てしばらくは本を読んでいなかったんだけど、また最近読み始めた。
図書館で借りて読むので、お金のかからない趣味♪
寝る前に布団の中で読書するひと時は大好きな時間。

今日、篠田節子の『逃避行』を読み終えた。
主人公は平凡な主婦で、ゴールデンを飼っている。
そのゴールデンが燐家の子供を噛み殺してしまって、近所から犬を処分しろと責められマスコミに追いかけられ、家族(夫と娘二人)も世間体のため処分しようとする。
主人公はゴールデンを連れて逃げて、逃避行が始まる。

まず思ったのはゴールデンが子供を噛み殺すなんてあり得ないでしょ!?って事。
でもまぁそれがあったとして、私ならどうするかな・・・って考えてしまった。
やっぱり犬を連れて逃げるんだろうな、幸いキャンカーがあるし。
逃げるとしたら山の中かな、でもバカでかいキャンカーを山の中で運転できるんだろうか。
やっぱり北海道がいいかもな。
逃避行となるとお金もいるし、北海道の牧場かなんかで働かせてもらえればいいな。
世間からだけでなく、家族からも逃げる事になるのかな。
もしそうなったら、子供達を棄てて逃げる事になっちゃうな。
などと、あり得ない話なんだけどどんどん妄想が広がる。
結構リアルに空想し始めたりして、これが結構楽しい。
でももしも万が一本当にそんな事が起こったら、楽しいなんて言ってられない。
空想の世界だから楽しいのだ。
平穏無事な日々に感謝。

子供を棄てて逃げる・・・と空想した時に、そんなことするとシュウジの母親になっちゃう!とハタと思う。
シュウジというのはついこの間読み終えた重松清の『疾走』の主人公。
この話はとても重かった。
救いがないのだ・・・読み進むとどんどん気分が落ち込む。
シュウジは中学生で、どうしてもこーきと重なってしまう。
まだ子供なのに、こんなに過酷な運命だなんて酷過ぎる。
で、もし私がシュウジの母親だったらどうするかな・・・とまた妄想が広がる。
でもあまりにもシュウジがかわいそうで、この空想はあまり広がらないでストップする。

読書はあり得ない世界を疑似体験できるから楽しいのかな。
さ、今夜も読むぞ~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BELLママ

Author:BELLママ
フラットコーテッドレトリーバーのブリーダーのBELLママのブログです。

■□■メインサイト■□■
INNOCENT BELL KENNEL

■□■SiegのBlog■□■
Sieg growth Diary


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめサイト



NPO法人 (特定非営利活動法人)  日本動物遺伝病ネットワークのHP


FCRSJ(フラットコーテッドレトリーバーソサエティオブジャパン)のHP


フラットのレスキューのHP

ファミリーブログリンク

ブログリンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード