FC2ブログ
topimage

2006-09

1ヶ月目の不安 - 2006.09.07 Thu

アンドレをY先生のところに連れて行って、膝蓋骨脱臼と診断されてから1ヶ月経った。
昨日アンドレを連れてY先生のところに行き、1ヶ月ぶりに診てもらった。
東洋医学の治療で椎骨のねじれは順調によくなってるとは言え、膝は炎症が進んでいるだろうな、とは思っていた。
思っていた通り炎症が進んでいて、進行しているとの診断だった。
外れっぱなしで脚を使ってる以上、炎症が進むのは当たり前。
靭帯だっていつ切れてもおかしくないらしい。
このままでいるとどんどん悪くなるよ、とY先生はすごく心配してくれた。
確かにそうだ、靭帯が切れたりしたら大変・・・
だけどもう少し治療を続けてみたいので、1ヵ月後にまた診てもらう事にして、その時更に悪化していたら手術を考えることにした。
とにかくそれまではなるべく安静にさせて、これ以上膝の状態が悪くならないようにしなくては。
今までも気をつけてはいたけど、更に神経質になってしまった。
お散歩ではリードを放したりしない。
家の中ではずっと監視で、見ていられない時はバリケン。
遊びモードになると怒ってやめさせるんだけど、怒ってばかりいる自分が嫌になる。
アンドレは悪くないのにね、何で怒られてるのかわからないよね。
トコトコと私のあとをついてくるのは許しているけど、怒ってばかりの鬼母にも無邪気な笑顔を振りまくアンドレがいじらしい。
どうか性格が曲がることなく、このまま素直に育ってくれるといいなと願うばかり。

060901an.jpg
バリケンは好きで、自分から入ってたりもする。
私がいる時は「ハウス」と言えばすんなり入るおりこうさんだけど、自分だけ置いていかれるってわかっている時(大人ワンズの散歩の時とか)はすんなり入らず逃げ回る。
一人ぼっちでの留守番が大嫌いなんだよね。


060907an.jpg
起きてる時は目が離せないので、こうして寝ている時だけはほっと安心できる。

東洋医学で本当に治るのかな?すごく不安・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BELLママ

Author:BELLママ
フラットコーテッドレトリーバーのブリーダーのBELLママのブログです。

■□■メインサイト■□■
INNOCENT BELL KENNEL

■□■SiegのBlog■□■
Sieg growth Diary


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

おすすめサイト



NPO法人 (特定非営利活動法人)  日本動物遺伝病ネットワークのHP


FCRSJ(フラットコーテッドレトリーバーソサエティオブジャパン)のHP


フラットのレスキューのHP

ファミリーブログリンク

ブログリンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード